川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアム公式ブログ

先生の鉛筆

 

ミュージアムに入館して最初に目にする展示は
先生がまんがを描く際に使われた仕事道具の数々。

 
blog_001
 

その一番初めにあるのが愛用の鉛筆とスケッチです。
1本の鉛筆でシンプルに書き留められたアイデアが、
やがて大きくなったり、結びつきあったりして
多くの夢をもった作品となっていったんですね。

 

blog_002
 

じつはミュージアムの入口にあるベンチも、
「鉛筆と紙」がモチーフになっているんですよ。

 

blog_003

 

たくさんの夢の世界が生み出されるもとになった鉛筆が
ミュージアムのスタート地点にある、
ということがいろいろな”始まり”を予感させて、
とても素敵だと思いませんか。

 


更新履歴

過去の記事

※当ブログに掲載されている写真には、写真撮影禁止のエリアも含まれますが、特別に許可を得て撮影したものです。