川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアムインフォメーション


開館以来のご来館者数が300万人を突破しました

 

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムでは、
2018年3月1日12:00の入場回を持ちまして、
開館以来の総入館者数300万人を達成いたしました。
記念すべき300万人目のお客さまは、
福島県 福島市からお越しの石堂(いしどう)様親子でした。

 

180301museum

写真左:石堂 美貴(いしどう みき)様(35歳)福島県福島市
写真右:石堂 夢彩(いしどう めい)様(3歳)福島県福島市
 
300万人達成セレモニーでは、記念品として、
藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』全巻セットをはじめ、
1/2サイズのドラえもんフィギュアや複製原画などのオリジナルグッズを贈呈いたしました。
 
■300万人目の来館者となった石堂様のコメント
 
「今日が念願の初ミュージアムなんです。本当は昨日来館予定だったのですが、
少し予定を変更したらこんなすごいことに」と美貴さん。
 
幼いころからまんがやテレビアニメ、そして映画で『ドラえもん』に親しんでいたという
美貴さんの発案で、今日の来館につながったそうです。
 
夢彩(めい)ちゃんは、日ごろテレビアニメで『ドラえもん』を楽しんでいるそうで、
「ジャイアンが好き。強いところが大好き。
今日は“きれいなジャイアン”と写真を撮るよ」と教えてくれました。
間もなく公開される『映画ドラえもん のび太の宝島』で
映画鑑賞デビューの予定と教えてくれました。
 
世田谷から同行された美貴さんの母・勝又かほるさん(63歳)宅へ
遊びに来たことで、3名ご一緒に来館されたそうです。
 
石堂様、ほんとうにおめでとうございます。
 
■ 伊藤善章 藤子・F・不二雄ミュージアム館長のコメント
 
2,046日目の開館日で300万人達成、たいへん嬉しく思います。
2011年の開館から、年間50万人を目標にしてきました。
今回300万人目のお客さまも“初めての来館”だと仰っていましたので、
これからもそういったお客様が増えていくことをスタッフ一同願っているところです。
なかには何度も来館され、スタッフと顔見知りになるお客様もいらっしゃいます。
これから先、さらに多くの方にミュージアムを楽しんでいただけるようにするためには、
ミュージアムの外で“ドラえもん”をはじめとする藤子・F・不二雄先生のキャラクターが
元気に活躍していることが大切だと思っています。
例えば、3月3日(土)から公開される『映画ドラえもん のび太の宝島』を観て、
もう一度“ドラえもん”を好きになってくれる方もいるでしょう。
そういった展開を地道に続けながら、
ミュージアムの落ち着いた雰囲気を保っていきたいと考えています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。