川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアム公式ブログ

ミュージアムのすこしふしぎ

ミュージアムのシャトルバスを降りると、すぐ目に入るレンガの壁。

 
0123blog-1

 
よ~く見ると、さまざまな表情のドラえもんが、みなさまをお迎えしています。
 
0123blog-2
 
入口に進むと、まんがを描くのに必要な
えんぴつと原稿用紙がモチーフとなったベンチと石畳が目に入ります。
 
0123blog-3
 
こちらの大きな窓、いろいろな長方形が並んでいますね。
実は、『ドラえもん』の第一話「未来の国からはるばると」のコマ割りのデザインになっているんですよ!
 
ミュージアムの見どころは館内の展示だけではないんです。
ご来館の際は、ぜひ細かなところまでチェックしてくださいね♪
 


さまざまな「出会いと別れ」

本日1/20(水)は、2/1(月)~2/15(月)の入館チケット発売日!
※当館は、日時指定の事前予約制です。

 
0120blog-1
 
展示室Ⅱでは、
『ドラえもん50周年展』第3期「ジーンとくる出会いと別れの話」前期 を3/1(月)まで開催しています。
 
0120blog-2

「台風のフー子」より
 
前期では、「台風のフー子」「森は生きている」「精霊よびだしうでわ」などのお話の原画を展示。
 
0120blog-3
「精霊よびだしうでわ」より
 
のび太くんは、身近な人たちばかりではなく、動物たちや不思議な生き物たちとも出会い、そして別れを経験していることが分かりますね。
 
すてきな出会い、そしてちょっぴり切ない別れ・・・
 
なんだかジーンとしてしまいますね。
 


カラーの原画を観ながら・・・

0116blog-1
 

展示室Ⅰでは、『ドラえもん』のカラー原画を展示しています。
 

0116blog-2

「陸上ボート」 初出 小学一年生 1983年1月号
 

0116blog-3
「植物ペン」 初出 小学二年生1978年6月号
 

カラー原画を鑑賞しながらお話のストーリーを想像するのも楽しいですね♪
この2つのお話は、てんとう虫コミックススペシャル『ドラえもんカラー作品集』でお読みいただけます。


あなたの好きな作品は?

0110blog-1
 
2F展示室Ⅱを抜けると、
どら焼きを食べながらまんがを読む「くつろぎドラえもん」がみなさまをお迎えしています。

 
0110blog-2
 
こちらの“まんがコーナー”では、F先生の作品を自由に読むことができます。
知らない作品に出会えるチャンスです!
 
あなたのお気に入りの作品を探してみてくださいね♪
 
0110blog-3

 
読書の前後は手洗いや手指の消毒を忘れずに。
 


『ドラえもん』は今年も50周年!

展示室Ⅰで開催中の 特別展示『藤子・F・不二雄とドラえもん』 では、

 
0109blog-1
 
『ドラえもん』連載開始当時の1970年1月号の「幼稚園」を展示。
 
0109blog-2
 
0109blog-3
 
1970年1月号「小学三年生」に掲載された、
連載開始第1作目「机からとび出したドラえもん」を原画で1話まるごと読むことができますよ。
 
まんが『ドラえもん』連載50周年を記念した特別展示はまだまだ続きます!
 


更新履歴

過去の記事

※当ブログに掲載されている写真には、写真撮影禁止のエリアも含まれますが、特別に許可を得て撮影したものです。