川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

藤子・F・不二雄ミュージアム開館10周年

『10周年記念原画展』では、1950年代から1990年代まで、年代ごとに藤子・F・不二雄作品の原画をご紹介します。貴重なまんが原画の多くが当館初展示となり、なかには本邦初公開となる未発表作品の原画も含まれます。藤子・F・不二雄作品の総合的な原画展です。初めてご来館の方はもちろん、会期ごとに異なる原画を見ることができるため、一度ご覧になった方にもおすすめです。

■10周年記念原画展では、テーマ展示もお楽しみいただけます。

第5期のテーマ展示では、藤子・F・不二雄が描く“すこし・ふしぎ”なキャラクターが登場する作品の中から『ドビンソン漂流記』、『ジャングル黒べえ』、『バウバウ大臣』、『ウメ星デンカ』、『オバケのQ太郎』、そして『チンプイ』を特集します。日常生活の中に突如としてころがりこんできた居候は、すこし・ふしぎのかたまり。やることなすこと、すべてが非日常!

『大長編ドラえもん』シリーズでは、雑誌連載中に本文カラーページが入ることもありました。冒険の予感に満ちたプロローグや、クライマックスにつながる中盤など、コミックスではすべて白黒で掲載されているこれらのページを、改めて原画でご紹介します。

「藤子・F・不二雄とドラえもん」と称してドラえもんの50年の歩みを原画と共にご紹介します。
1970年、学年別学習雑誌の掲載からスタートした『ドラえもん』は、1974年の単行本化後、子どもたちの間で爆発的に人気が広がります。
また、1979年にはテレビアニメ放送が始まり、その後、1980年には映画化。
まんが、アニメ、映画などクロスメディアの先駆けとして50年間活躍をし続けてきた『ドラえもん』の歴史を過去の企画展示から、ドラえもん作品をピックアップして紹介しながら振り返ります。


  • ※画像はイメージです。