川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアム公式ブログ

先生の手紙

 

閉館後のミュージアム。

誰もいなくなった展示室Ⅱで、

展示を凝視しているスタッフが・・・。

 

 

彼女たちが読んでいたのは

藤子・F・不二雄先生が

藤子プロのスタッフに向けて書かれたお手紙。

 

 

「先生の手書きの字を見ているだけでも、

じ~んとしてしまいます。」

先生の愛情あふれる人柄が感じられる

やさしい字ですよね。

 

 

「とくに『漫画一作一作、初心にかえって

苦しんだり悩んだりしながら書くものです。

お互いガンバリましょう。』

この文面を読むと、

新しいスタッフが入ってきたとき

新しい視点に気付かせてもらったりすることを思い出して、

自分も初心にかえって頑張ろうって思うんです。」

 

 

そういって、手をあてた胸のポケットには、

先生の姿が・・・。

スタッフに

私が好きな文面はですね・・

と話しかけると

「だめですよ!全部お伝えすると、

お客さまの楽しみが減ってしまいます!」

そうでした。(反省)

先生のお手紙は、

藤子ミュージアムでは初公開。

今開催中の展示室Ⅱの原画展会場で

ご覧いただけます。

 


更新履歴

過去の記事

※当ブログに掲載されている写真には、写真撮影禁止のエリアも含まれますが、特別に許可を得て撮影したものです。