川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアム公式ブログ

先生の机

 

今日のいちおしは、

透明感あふれる笑顔が素敵な高さんです。

 

 

「わたしのいちおしは“先生の机”です!

私にとって先生の部屋はとっておきの場所なんです。

この部屋には私の興味あるものがたくさんあふれていて、

見ているだけでワクワクしてくるんです。」

 

 

実は、先生の机にある恐竜も、化石も、ETも、

動物図鑑も、地球儀も持っているという高さん。

初めて先生の机を見た時、

「まるで自分の机みたい!!」と思ったそうです。

高さんの机の写真を見せてもらいました。

 

 

本当にそっくり!!

楽しそうな机ですね!

高さんは小さい頃から恐竜が大好き、

お絵描きが得意だったそうです。

「恐竜が好きだった先生と自分の興味が一緒なんて・・・

うれしくなっちゃいました♪

最近では恐竜や古代生物の

レターセットを手作りしているんですよ。

ほら、色もピー助と一緒のあたたかいオレンジ色なんです。」

と現在製作中の手作りカードも見せてくれました。

 

 

じつは、今日ミュージアムを卒業する高さん。

ミュージアムで働いた1年間、

先生の作品が人々に与える大きな影響に

日々感動していたそうです。

「”何年経っても、初心を忘れずに描く”

先生がまんがを描く時のモットーです。

これからも忘れずに、

私自身も生涯ずっと描き続けていきたいですね。」

高さん、お疲れ様でした。

今度は、先生の大ファンのひとりとして

ミュージアムに遊びに来てくださいね。

 


更新履歴

過去の記事

※当ブログに掲載されている写真には、写真撮影禁止のエリアも含まれますが、特別に許可を得て撮影したものです。