川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアム公式ブログ

「いちおし」SF(すこしふしぎ)編

 

今日は、笑顔がキラキラ眩しい

高橋さんのいちおしエピソードです。

「とっておきの、SF〜すこしふしぎ〜

エピソードがあるんです!」

 

 

それはまだミュージアム建設中のこと。

「スタッフが研修中の頃、

ジュースの空き缶が建設現場から出てきました。

それがドラえもんのジュースの缶だったんです!!!

きっと建設作業員の方も

誰かに気付いて欲しかったのでしょうね。

エントランスにちょこんと置いてあったのを発見して、

興奮のあまり、みんなに報告しました!!」

 

 

ミュージアムの建設地は、かつて遊園地だったそうなので、

きっとその名残りだと思いますが、

私には、ミュージアムがこの缶に呼び寄せられたような、

ここに建つべくして建ったような気がしてならないのです!

先生がいまここにいらしたら、

きっと『すこしふしぎだね~』と言ってくれたと思います(^ ^)。」

高橋さんはいつも

「私はすこしふしぎなことが起こる特別な場所で働いているんだ!」

という自信を胸に、お客様をお出迎えしているんだそうです。

「スタッフだけが知っているのではなんだかもったいないので、

ファンの皆さまにもぜひお伝えしたかったんです。」

 

このジュース缶のことを調べてみました↓

 

 

1981年(昭和56年)に発売された

「バャリース ジュニア缶・楽しいドラえもん英会話シリーズ」。

もしかすると、31年間もこの土地に眠っていたのかもしれませんね。

 


更新履歴

過去の記事

※当ブログに掲載されている写真には、写真撮影禁止のエリアも含まれますが、特別に許可を得て撮影したものです。