川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアム公式ブログ

バスの押しボタン

 

今日の「いちおし」は、

いつもニコニコ、川崎市バスの運転手の

三代川(みよかわ)さん。

登戸駅からミュージアムまで、

みんなを運んでくれる

あのキャラクターバスの運転手さんです。

 

 

「私のいちおしは、バスの押しボタンです。

4種類あって、私はやっぱりドラえもんが好きですね。

夜は、LEDライトが光ってとてもキレイなんですよ。」

 

 

お~、なんだか幻想的でロマンチックですね。

「みなさん、あまりにたのしそうに押すので、

「今日は大サービス!押し放題です!

ジャンジャン押しちゃってください!」

なんてアナウンスすると、

すごく盛り上がるんですよ~!」

 

 

「いろんな路線を担当していますが、

やはりこの路線が一番楽しいですね。」

お客さまにいっぱい元気をもらえるから、

いつもミュージアムの路線の運転手に

立候補しているそうなんです。

 

「大切にしているものがあるんです。」

と見せてくれたのは、帽子に付いたピンバッジ。

 

 

「開館時にプレゼントされたもので、

運転手12人しか持っていない貴重なものなんです。」

うわぁ、すてき。運転手さんの宝ものなんですね!

バスにのったときには、

運転手さんの帽子にも注目ですね。

これからも、ミュージアムとお客様を

安全に楽しく繋いでくださいね。

 


更新履歴

過去の記事

※当ブログに掲載されている写真には、写真撮影禁止のエリアも含まれますが、特別に許可を得て撮影したものです。