川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアム公式ブログ

ミュージアムの土台は、スタッフの土台。

 

スタッフがミュージアムで

一番好きな場所を教えてくれる

「スタッフのいちおし」。

今日は、オープン前から

わたしたちと一緒にがんばってきた

アテンダントの川瀬さん。

「わたしのいちおしは、定礎です。」

 

 

いまでも定礎を見ると、

オープン前の準備期間のことを思い出すんだそうです。

「すべてが初めてで緊張と不安でいっぱいでした。

そんなときから、この定礎はずっとここにありました。」

「わくわく」と「どきどき」が

みんなのこころのなかで交錯していた

建設中からずっとミュージアムを

見守ってくれている存在なんです。

 

 

「小さいころから先生の作品を読んで育ちました。

思いやり・友情・家族への愛など、

人生でたいせつなことはすべて先生に学びました。

だから今、ミュージアムに携われていて

ほんとうにうれしいです。」

ミュージアムが建てられる土台となっている定礎。

川瀬さんの素敵な人柄の土台は、先生の作品だったんですね!

 


更新履歴

過去の記事

※当ブログに掲載されている写真には、写真撮影禁止のエリアも含まれますが、特別に許可を得て撮影したものです。