川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアム公式ブログ

入口のレリーフをよく見ると!?

 

現在ミュージアムで開催中の

原画展「大長編ドラえもん のび太の大魔境と世界最古の相棒たち」

会場となっている展示室Ⅱの入り口には

展示の世界観をイメージした

レリーフが飾られているんですよ。

 

 

その中でも中央にどんと鎮座して

ひときわ目を引くレリーフをよく見ると・・・

おやっ!?

“羽の生えた犬”のような姿になっているのは

のび太じゃないですか!!

 

 

実はこのレリーフ、

ドラえもんの『のら犬「イチ」の国』という

お話に登場する神様の姿なんです。

 

 

でも、どうしてのび太が神様に?

と不思議に思った方は

ぜひそのお話を読んでみてくださいね♪

 

 

「世界最古の相棒」=「犬」がテーマの

この企画展では

犬が登場する原画がたくさん展示されていて

『のら犬「イチ」の国』の原画も、

もちろん重要な作品として展示されています。

 

 

コミックで、そして原画展示で、

ひとつのお話をいろいろな側面から

鑑賞することができるのも

ミュージアムならではの楽しみ方ですね♪

 


更新履歴

過去の記事

※当ブログに掲載されている写真には、写真撮影禁止のエリアも含まれますが、特別に許可を得て撮影したものです。