川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアムインフォメーション

【土日祝日限定】Fシアター スペシャルきっぷ「ドラの金言」!

皆様の大切な休日、藤子ミュージアムにお越しいただき、誠にありがとうございます。
このたび、“休日にありがとう”の感謝を込めて、
土・日・祝日限定でスペシャルなFシアターきっぷ「ドラの金言」をご用意いたしました!
■期間 2018年11月10日(土)~2019年1月14日(月)開館日の土日祝日
※12/1(土)を除く

 
theater_ticket_info_en
 
月ごとに絵柄が変わります。(各月3種ずつ合計9種)
「ドラの金言」以外に、シークレットのお楽しみきっぷもあります!
どんな内容かはお楽しみ!
 
※絵柄はランダムでのお渡しとなります。
※該当日はすべて「ドラの金言」きっぷとなります。Fシアターへご入場の際は、
「ドラの金言」きっぷをご使用ください。
※12/1(土)は、F先生のお誕生日特別きっぷとなります。
詳細は改めてミュージアムブログ等でお知らせいたします。
 


16時回入場のお客様へ/ 4PM tickets holders/购买了4点门票的顾客

 
■日本語
16時回のチケットをお持ちのお客様につきましては、
閉館までのお時間を少しでも長くお楽しみいただけるよう、
通常よりも30分早めの、15時30分より入館を開始しております。
 

16時回のチケットをお持ちのお客様は、ぜひ、余裕をもってミュージアムへお越しください。
 

※登戸駅からの直行バスをご利用の場合は、下記をご利用いただくと便利です。
平日   15:09発 15:22発
土日祝  15:07発 15:20発
 
 

■英語
To visitors who have admission tickets of 4 PM
To enjoy your time until closing time at Fujiko・F・Fujio Museum,
visitors who have admission tickets of 4 PM can admit to the museum at 3:30 PM.
 

Tips:
Shuttle buses to the museum from Noborito Station (adult 210yen/child 110yen)
Weekdays: 3:09 PM, 3:22PM
Weekends: 3:07 PM, 3:20PM
 
 

■中国語
通知:带有下午4点的门票的顾客
为了大家到闭馆时间享受您的时间,我们3点半开始接受带有下午4点门票的顾客入场。
 

提示
博物馆大巴从登户站到本博物馆(小田急线/JR)(大人210日元/小孩110日元)
工作日:下午3:09, 下午3:22
周末: 下午3:07, 下午3:20
 


「WeChat Pay」が利用可能に / 欢迎使用微信支付(English/中文)

wechatpay
 
藤子・F・不二雄ミュージアム ショップでは、この4月より
『WeChat Pay (微信支付)』のモバイル決済システムをご利用いただけるようになりました。
 
■導入場所
・1F ミュージアムショップ
 

 
皆さまのご来館を、藤子・F・不二雄ミュージアムスタッフ一同、心よりお待ちしております。
 
【中文】
 
欢迎使用微信支付
在藤子・F・不二雄博物馆欢迎使用微信支付了!
 
■能使用的地点
・1楼 纪念品商店

※ 不能使用: 3楼 博物馆咖啡厅3楼的礼品藤子屋和屋外厅
 
我们欢迎您的光临!
 
【English】
 
Now “WeChat Pay”(mobile payment system) available
 
At Fujiko・F・Fujio Museum, we started adopting “WeChat Pay” mobile payment system since,
April 2018.
 
■Introduction places
・1F Museum Shop

※ Unavailable: Museum Café , Gift corner Fujikoya and an open booth on the 3rd floor
 
We are all welcome you to visit our museum!
 



開館以来のご来館者数が300万人を突破しました

 

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムでは、
2018年3月1日12:00の入場回を持ちまして、
開館以来の総入館者数300万人を達成いたしました。
記念すべき300万人目のお客さまは、
福島県 福島市からお越しの石堂(いしどう)様親子でした。

 

180301museum

写真左:石堂 美貴(いしどう みき)様(35歳)福島県福島市
写真右:石堂 夢彩(いしどう めい)様(3歳)福島県福島市
 
300万人達成セレモニーでは、記念品として、
藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』全巻セットをはじめ、
1/2サイズのドラえもんフィギュアや複製原画などのオリジナルグッズを贈呈いたしました。
 
■300万人目の来館者となった石堂様のコメント
 
「今日が念願の初ミュージアムなんです。本当は昨日来館予定だったのですが、
少し予定を変更したらこんなすごいことに」と美貴さん。
 
幼いころからまんがやテレビアニメ、そして映画で『ドラえもん』に親しんでいたという
美貴さんの発案で、今日の来館につながったそうです。
 
夢彩(めい)ちゃんは、日ごろテレビアニメで『ドラえもん』を楽しんでいるそうで、
「ジャイアンが好き。強いところが大好き。
今日は“きれいなジャイアン”と写真を撮るよ」と教えてくれました。
間もなく公開される『映画ドラえもん のび太の宝島』で
映画鑑賞デビューの予定と教えてくれました。
 
世田谷から同行された美貴さんの母・勝又かほるさん(63歳)宅へ
遊びに来たことで、3名ご一緒に来館されたそうです。
 
石堂様、ほんとうにおめでとうございます。
 
■ 伊藤善章 藤子・F・不二雄ミュージアム館長のコメント
 
2,046日目の開館日で300万人達成、たいへん嬉しく思います。
2011年の開館から、年間50万人を目標にしてきました。
今回300万人目のお客さまも“初めての来館”だと仰っていましたので、
これからもそういったお客様が増えていくことをスタッフ一同願っているところです。
なかには何度も来館され、スタッフと顔見知りになるお客様もいらっしゃいます。
これから先、さらに多くの方にミュージアムを楽しんでいただけるようにするためには、
ミュージアムの外で“ドラえもん”をはじめとする藤子・F・不二雄先生のキャラクターが
元気に活躍していることが大切だと思っています。
例えば、3月3日(土)から公開される『映画ドラえもん のび太の宝島』を観て、
もう一度“ドラえもん”を好きになってくれる方もいるでしょう。
そういった展開を地道に続けながら、
ミュージアムの落ち着いた雰囲気を保っていきたいと考えています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。