川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアム公式ブログ

エントランスのショーケース

 

先生の作品をビデオテープがすり切れるまで見ていたという

實石(じついし)さんのいちおしは

「エントランスのショーケース」です。

 

 

「ミュージアムに着いて

エントランス前で目に飛び込んでくるのが

ショーケースです。

フィギュアなどを見た瞬間、

お客様の表情がぱ~っと明るくなるんですよ。」

 

 

「ゆっくり写真を撮りたい!という方も多くて、

帰る前にもう一回戻ってくる方も多いんですよ。

皆さんいろんな角度で納得いくまで真剣に撮影しています。」

 

 

入館前に並んでショーケースをながめている

お客様によく話しかけられるそうなんです。

「この日を楽しみにしてきました!!」

「やっと来れた~!!」

ベレー帽についているのドラえもんに

気づいてよろんでくれたり、本当にうれしいですね。

 

 

8月31日まではハワイフェアの飾り付け、

9月1日からはまた新しいディスプレイがはじまります。

これからも、お客様のわくわく・ドキドキを

誘うような空間を目指します!

みなさん、お楽しみに!!

 


更新履歴

過去の記事

※当ブログに掲載されている写真には、写真撮影禁止のエリアも含まれますが、特別に許可を得て撮影したものです。